「記録」と「記憶」を形に

「記録」として残すだけでなく、撮影した日の空気感や想いまでも「アルバム」にとどめたい。

時が経てば経つほど、撮影した時のことが愛おしく感じられるようなアルバムを。