こんにちは。石川県能美市にひっそりと佇むプライベートフォトスタジオA4の大勇です。

今日はお子様の撮影の際に最高の笑顔をのこすためのポイントを簡潔に書きたいと思います。

赤ちゃんが誕生して初めての誕生日は、一生餅を用意し、背負わせる儀式が昔から行われていました。
これは、人生の一生と餅をかけ、食べ物に困らず、一生健康に育つような願いが込められています。

最近では、そのような儀式をおこなっている家庭はあまりみかけませんが、赤ちゃんが食べられる手作りケーキやごちそうを囲んだバースデーパーティーをされる方やお誕生日写真をより特別なものにするためにフォトスタジオで記念写真を撮られる方は多いですよね。

1歳になると、上手にハイハイしている赤ちゃんからすでに歩いている赤ちゃんまで活発に動き回るお子さんが多くなります。
フォトスタジオでもじっとしているのが難しくなってくる時期になるので、子どもの撮影に慣れているフォトスタジオにお願いすることが大事です。

1歳ぐらいになると、昼寝やぐずりのペースがはっきりしてくるので、子どもの体調や気分がよさそうな時間帯を狙うことがよい写真を撮るために重要なポイントです。
午前中はすっきりとしていて、起きていることが多いので、午前中の時間帯を狙うのがお薦めです。
午後は逆に昼寝の時間帯になることや、お腹が空いてくることもあるので、お子さんに合った時間に予約をいれてください。

フォトスタジオの混雑時期を避けるのも、スムーズに写真を撮るのに欠かせません。
七五三の時期は特にフォトスタジオが混んでいるので、1組ごとの撮影に時間がかかることもありますが、
当店は予約制の1組づつの完全プライベートなので混雑をきにせずにより快適にお子様のペースを守ることができ、笑顔を引き出すことができます。

お子様が笑顔になれるテクニックは、カメラマンやアシスタントの保育士がよく知っていて、スタジオ内にも楽しめる工夫が用意されています。
もしも心配であればママさん、パパさんが気を引くためのお子様の大好きなおもちゃや機嫌が悪くなった時に使えるおやつなどを持参していくことでより安心して撮影に臨めます。

人生で1回限りの赤ちゃんのバースデーを笑顔で撮れるように、事前に準備できるものは全て整えておくことで、当日は笑顔の写真を手に入れることが可能です。

せっかくの撮影ですからご予約の際に何か希望があればお気軽にご相談下さいね。

DAIYU KAWANAKA

この記事を書いた人

子供とワンコが大好きな当スタジオのオーナー。
写真に関するマメ知識や日常の事など自由気ままにゆる〜くブログ更新中。