マタニティフォトは、子供を授かった女性がお腹が大きくなった状態を写真に撮影しておく取り組みです。

芸能人などの有名人が盛んに行っていることで、一般の方にも浸透しており、記念の意味を込めて写真を撮影してもらう方も多くなって普及しています。

マタニティフォトを撮影する時期は、お腹の膨らみがはっきりわかる7~9ヶ月を目安にして、日常の暮らしの中で自然体で撮影するのがポイントとなります。
また男性のパートナーと一緒に撮影することも好まれ、特に大きく出たお腹の部分を中心に撮影をしていく形になります。

それがおすすめされる理由には、お腹に子供がいるという親近感を得られる、新たな家族が出来た記念として残して置ける点で、他にも好きな衣装をまとって撮影できるからです。
女性としては、スリムな体と無縁なお腹が出てくるという歪な状態なので嫌がられると思われがちですが、むしろマタニティフォトを積極的に撮影しておきたいと考える方も増えています。

人生において妊娠をしている期間はわずかであり、その期間自体は貴重で、しかも妊娠期間中は女性にとっても充実した幸福の真っ只中の場合が多いです。
そのためその時点でマタニティフォトを撮影して残しておくことは、おすすめされる大きな理由にもなります。

他にも生まれてきた子供が大きく成長した時に、その写真を見せることで思い出話を聞かせることもでき、家族の絆を強めることにも活用ができます。

私どもフォトスタジオA4では、男性フォトグラファーでは撮影が恥ずかしい!というお客様へは女性のフォトグラファーによる撮影サービスも提供していますのでお気軽にご相談下さいませ。

マタニティ撮影サービス紹介ページはこちらへ

AKARI KAWANAKA

この記事を書いた人

保育士&ベビーマッサージセラピスト資格保有のフォトグラファーAKARIです。
それぞれの経験をいかして、ママさんパパさんに役立つちょっとしたマメ知識など共有ができればと思っています。