ベビーマッサージは、親子の絆を深めるスキンシップの1つとして注目されています。
ベビーマッサージとはその名の通り、赤ちゃんの体を優しくマッサージすることをいいます。

お母さんの手は赤ちゃんにとってとても心地が良いもので、優しく触れられることで心が安定すると言われています。
またお母さんの方にも、心をリラックスさせる効果が期待できます。

ベビーマッサージを始める時期に決まりはありませんが、生後数か月経った頃が多いようです。
また児童館や子育て支援センターなどで講座などが開催されることもあり、それに参加するというお母さんも多くいます。

専門のインストラクターが講師を務めることもありますし、助産師さんがマッサージの仕方を教えてくれるような場合もあります。
赤ちゃんは皮膚が薄いので、あまり強い力でマッサージする必要はありません。優しく撫でるだけでも十分な刺激になります。

皮膚を刺激することで皮膚が強くなるので、免疫力を高める効果があります。
また、赤ちゃんのお腹を優しくマッサージすると、便秘を解消できることもあります。
赤ちゃんの頃はちょっとしたことで便秘になりやすいので、そういった悩みを解消することにも繋がります。

ベビーマッサージをすると、日頃寝ていることが多い赤ちゃんは意外に疲れます。
そのため夜にぐっすり寝てくれるといったことも多く、お母さんとしてはとても助かります。
ベビーマッサージ後は肌の新陳代謝も上がっているので、おっぱいやミルクなどの水分補給は忘れずに行うようにする必要があります。

ベビーマッサージには赤ちゃんと触れ合うことで、赤ちゃんの体調変化にも気づきやすくなるといったメリットがあります。
子育てサロンなどでベビーマッサージの講座を受講すれば、他のお母さんとの交流も生まれます。

自宅で子供と2人っきりでいることがストレスに感じているといったような場合には、児童館や子育て支援センターなどのベビーマッサージのクラスに参加してみるといいかもしれません。

フォトスタジオA4でも私がママさんと赤ちゃんに癒やしの時間を提供を出来るように頑張ります!

ベビーマッサージサービス紹介ページはこちらへ

AKARI KAWANAKA

この記事を書いた人

保育士&ベビーマッサージセラピスト資格保有のフォトグラファーAKARIです。
それぞれの経験をいかして、ママさんパパさんに役立つちょっとしたマメ知識など共有ができればと思っています。