こんにちは。石川県能美市にひっそりと佇むプライベートフォトスタジオA4の大勇です。

七五三の写真は子供の成長記録には欠かせないものになります。

記念に写真館やフォトスタジオで撮影をする際は慣れない環境で子供が緊張していて表情が硬くなってしまうこともあるかと思います。

基本的にはお子様がそうならないように、撮影のプロが緊張をほぐしながら自然な笑顔をひきだして撮影をするのですが、フォトスタジオなど以外で自分たちで少しでもかわいい写真を撮影したい場合のお話しを今回は書こうと思います。
ちょっとでも参考になれば嬉しいです。

まずは、子供が緊張しすぎない場所を選んで撮影することや、神社にお参りにいったときは、周辺の風景をいかして撮影することで子供の自然なかわいい表情が撮影できたりもします。

子供の七五三の写真を少しでも可愛く撮影したい場合には、子供の目線になって背景を意識するのも1つの方法です。
子供と同じ目線まで低くなって撮影したら、子供がどんなものをみているかわかります。

しゃがんだ位置から撮影すれば子供と同じ目線で楽しみながら撮影でき自然で可愛い表情の子供を見ることもできます。

また撮影が不慣れなパパさん、ママさんは連写機能を使うのもおすすめです。
一枚一枚丁寧に撮影をするのも良いのですが、子供の表情はめまぐるしく変化をします。
ちょっとよそ見をしている間に、子供のいい表情とか一瞬のポーズなども見逃してしまうこともあります。

カメラのピントとか明るさはオートにしておき画面の中で子供をとらえることだけに集中します。
連写モードを使えば、何枚も撮影ができます。
その中から、一瞬の可愛くて素敵な表情を見つけ出すことが可能です。

撮影をするときには真正面を向かせて立たせないように注意します。
子供を真正面に向かせて撮影をしてしまうと、まるで証明写真のようになってしまうからです。

そのため撮影をするときには少しだけ斜めを向いて立たせます。
斜めに建たせるだけで立体感とか動きが生まれます。
千歳あめの袋をもっている側に少しだけ体をむけてあげるとちょうどよくなります。

もしもぐずったりしたら座らせるのもいいです。
子供は長い時間同じポーズができません。

とにかく可愛い表情の写真を撮影したいなら、子供が元気なうちに早め早めのタイミングで撮影をすることが大事です。

フォトスタジオA4では七五三撮影はとっておきの記念になるように心がけております。

七五三撮影サービス紹介ページはこちらへ

DAIYU KAWANAKA

この記事を書いた人

子供とワンコが大好きな当スタジオのオーナー。
写真に関するマメ知識や日常の事など自由気ままにゆる〜くブログ更新中。